営農を続けられる米価を! JA東旭川ペーパン地区:紙智子参議院議員と日本共産党旭川市議団が調査

紙智子参議ら党議員団は2016年9月1日、台風被害はあったものの、稲穂が色づく東旭川ペーパン地域に入り、今年のコメの作柄を調査し、生産者と意見交換しました。
20ヘクタールの水田を夫婦二人で耕す農家の方は「今年の作柄はこれ以上の災害がなければ平年並みを見込んでいる」と話していました。
農家のみなさんからは「TPPは断固反対貫いてほしい」「生産調整がなくなっては大変、再生産できる米価を望みたい」との声が寄せられました。
紙議員は「営農が続けられる米価にすること、TPPをなんとしても批准させないことなど国会で全力をつくします。現場からも声をあげてください」と呼びかけました。

コメ農家から作柄を聞く議員団

TPPは何とか阻止を! JA東旭川で意見交換:紙智子参議院議員と日本共産党旭川市議団

紙智子参議らは2016年9月1日、旭川市農政部やJA東旭川を調査し、意見交換しました。
JA東旭川では畑山義裕組合長らが応対し、農家の被害状況や今年の作況について示し、米価の下落やTPPなどの課題についても意見交換しました。
米価の問題で、畑山組合長は「現在、生産調整が半減し7,500円になり、2018年に廃止になれば、間違いなく収入減になる。耕作面積が多くてもプラスにならない」「今年は良くても、その先コンビニなどで使う米価が下がる」「米価が安定してもらうのが一番だ」と語りました。
紙議員がTPPの問題について「まだ決まったわけではない、今度の国会が焦点になる」と話すと、畑山組合長は「コメに影響ゼロは絶対にない。なんとか阻止してほしい」「農業以外の分野のTPPの問題点ももっと知らせてほしい」と応じました。

JA東旭川で意見交換する紙参議ら