旭川市2016年度予算案案 – 大型事業の優先順位など課題

旭川市の新年度予算は、一般会計と特別会計も合わせて7年ぶりの減となり厳しい予算編成となりました。一方、市民の運動と党の論戦が実り、子ども医療費や無料低額診療薬代の助成、就学助成制度などが拡充しました。

2016年度旭川市の予算は、一般会計1,571億円、特別会計も合わせて2,829億円で、昨年比0.6%減、約17億7千万円の減となり、7年ぶりに減少になりました。19億円の収支不足となり、財政調整基金13億円をとり崩すことになりました。地方創生が言われる中、地方自治体には大変厳しい内容です。
一方で、旭川市は市総合庁舎の建設、買物公園整備、空港整備、運動公園、公立大学など課題が山積。
日本共産党市議団は、今後の財政見通しをつけること、大型事業の優先順位を定めることが重要な課題と指摘しています。
党市議団が昨年12月に行った予算要望の重点項目については、以下の通りとなっています。

新年度予算の説明を受ける党市議団
新年度予算の説明を受ける党市議団

◆子ども医療費は拡充

子ども医療費助成については、8月から初診時一部負担金助成の復活と入院医療費を中学卒業まで1割負担(非課税世帯は無料)に拡充する予算案です。子育て支援の充実を求める会の1万筆の署名運動が力になり、市民の運動と党の論戦が実る結果となりました。

◆国民健康保険料

国民健康保険は、モデル世帯では昨年比150円の減となり、現状維持となりました。しかし、国が負荷限度額を2年連続4万円引き上げたこともあり、所得や世帯構成によっては高くなる世帯があります。
上の表にある通り、道内主要10都市の中で、夫婦と子供で所得200万円のモデル世帯では、2010年度は旭川市が1番高かった保険料が、5年連続の引き下げで、今年度は上から7番目まで下げています。
党市議団は子育て世帯や高齢者世帯の軽減を提案してきましたが、今後も具体的な財源も示しながら保険料軽減に努めていきます。

◆無料低額診療薬代

無料低額診療の院外薬局での薬代の助成は、旭川市では全国2番目に取り組みを開始しました。助成期間は、当初2週間から開始し、現在3か月間となっていますが、。新年度から6か月に拡大する予定です。

◆就学助成の拡充

就学助成については、生活保護基準の引き下げに連動して対象世帯が狭くなる心配がありましたが、新年度から生活保護基準の1.28倍に拡充し、影響が出ないようになります。
また、新たに「生徒会費」を助成費目に追加することになりました。PTA会費は既に追加になっていますので、今後はクラブ活動費の助成拡充が焦点になります。

◆住宅リフォーム助成

新年度は、住宅リフォーム助成が2千万円に減額され、やさしさ住宅も3千600万円に減額されました。一方、新たに雪対策補助金2千万が新設され、年齢制限がないことや、住宅リフォームとしても活用できる利点もあります。
しかし、これらを合わせても合計2400万円の大幅減であり、市民ニーズと中小企業対策を合わせて、大幅な増額修正が求められています。

JRは道民の声を聞いて - 日本共産党旭川市議団と真下紀子道議会議員が要請

党旭川市議団と真下紀子道議は2016年2月19日、JR北海道本社を訪れ、島田修社長あてに「JR北海道の安全対策や事故対応、利便性の確保に関する要請書」を提出し、意見交換しました。

JR本社に要請する党市議団と真下道議
JR本社に要請する党市議団と真下道議

近年、JR北海道の事故が続いている中で、旭川市内では昨年12月に起きた嵐山トンネル内の火災事故などによって、利用者に大きな影響を与えています。
また、3月のダイヤ改正で、旭川―札幌間を結ぶ「Sきっぷフォー」が廃止になることや、旭川―新千歳空港間の直通がなくなり、市民から不安の声が寄せられています。
市議団らは、①万全な安全対策に努めること、②旭川市に適切な情報提供を行うこと、③Sきっぷフォーの販売の継続や、せめて「Sきっぷ」の期限を延長すること、④旭川―新千歳空港間の直通廃止を再考し、利用者の利便性を確保すること、⑤路線や運賃の変更は道民の声を聞いて対応するよう要請しました。

まちづくり、除雪など – 道政・市政懇談会で意見交換

日本共産党市議団と真下紀子道議は2016年2月18日、第一回定例会にむけて道政市政懇談会を開催しました。真下道議は公務のため間に合いませんでした。

道政市政懇談会で意見を伺う党市議団
道政市政懇談会で意見を伺う党市議団

市議団からは、第一回定例会の主な内容や、旭川市の2016年度予算案の概要、特に市議団が市民とともに取り組んできた重点要望項目の状況、JRのダイヤ改正に伴う影響などについて報告がありました。
参加者からは、旭川市の子育て施策が近隣帳に比べ見劣りする問題や、小学校や中学校入学時の父母の負担軽減のために就学助成の内容を充実させる必要があるという意見がありました。
また、新年度から無料低額診療の薬局の薬代助成が6か月に拡大することを受け、旭川市が命を大切にする施策を広げていることに感謝する意見も寄せられました。
さらには、買物公園にキャノピーなどを整備しているが、今後の買物公園のあり方、中心市街地のあり方をもっと市民的に検討する必要があるとの議論も出されました
高齢者の就労問題や、除雪対策など、活発な意見交換がなされました。