戦後70年終戦の日 「戦争法案」廃案誓う

安倍政権による戦争法案策動のさなか、アジア・太平洋戦争の日本の敗戦から七〇年を迎えました。安倍首相は一四日、「戦後七〇年談話」を発表しましたが、国内外から厳しい批判の声があがっています。

終戦記念日の八月一五日、あさひかわ9条の会が「絶対に戦争をさせない道北集会&デモ」を開き、思想信条の違いを超えて約8百人が集まりました。
集会では地域9条の会や弁護士の方が次々とマイクを握りました。
西地域9条の会の斎藤智さんは「戦争はいつもウソとごまかしで始まります。先の戦争はアジアを欧米の植民地から解放する『大東亜共栄圏』すなわちアジアの国々が独立し共に栄えるためという名目で、侵略戦争を始めました。アベ自公政権は『秘密保護法』をつくって国民の口と耳と目をふさごうとしましたが、国民にばれてしまいました。今、主権者は国民です。国民が力を合わせて声をあげれば、戦争法案は実現不可能です。憲法9条を高く掲げて、みんなで頑張りぬきましょう。」とスピーチしました。
その後、市役所前広場から駅前を経て2条買物公園まで「戦争なんて ぼくはしないよ みんなの想いをひとつにつなごう」「いまの法案 あなた知ってる? 安保法案 何かヘンじゃね? いまの法案 あべこべミックス」などと若者が知恵を出し合ったコールを唱和しながら、たいへん暑い中を行進しました。
毎年8月15日には、旭川労働組合総連合(旭労連)、原水爆禁止道北協議会(道北原水協)、旭川平和委員会等が「赤紙(復刻版)」の配布を行っています。
今年は旭川共同行動実行委員会のレッドアクション(戦争法案廃案街頭宣伝署名行動)の時間帯に合わせて「赤紙」を配布しました。
また、それに続く毎週土曜定例の共産党の街頭宣伝では、真下紀子道議、小松あきら、のとや繁、石川厚子、まじま隆英の各市議が宣伝しました。
「安倍首相が七〇年談話を発表した。『侵略』『植民地支配』『反省』『おわび』といった言葉は盛り込んだものの、日本が国策を誤り、植民地支配と侵略を行ったという『村山談話』に示された歴史認識はまったく語られず、『反省』と『おわび』も過去の歴代政権が表明したというだけで、自らの言葉ではない」「戦争法案を廃案に追い込み、憲法9条を守り抜こう」などと訴えました。

不適切事務の改善求める まじま議員が臨時議会で質疑

8月20日(木)に旭川市議会第3回臨時会が行われました。今回の議案は市職員の不適切な事務処理事案が重なったことによる特別職(市長・副市長)の給与を減額する条例の制定について審議しました。
まじま隆英市議は質疑に立ち、市長の決断について重く受け止めるとしながら、「財政健全化プランによる職員が減らされたことによる影響によるものではないか。ヒヤリハットの例のように、起こるべくして起きたことではないか。再発防止策と交付税減額による市民サービスへの影響について」尋ねました。
市は「適正配置に努めつつ、再発防止に向け現場の状況把握を行い、全庁的に取り組む。市民サービスに影響を及ぼさないよう節減に取り組んでいく」と述べました。全会一致で議決されました。
もう1つの議案である第8次旭川市総合計画の基本構想については継続審議となりました。

2016参議院選挙で国民の声が届く政治に いわぶち友、森つねと予定候補旭川に

8月16日(日)いわぶち友、森つねと参議院選挙の予定候補が旭川入りして街頭での宣伝行動を行いました。市内を勢力的に駆け回りました。
いわぶち友予定候補は東日本大震災で大きな被害を受けた福島県出身です。4年5か月が過ぎた福島について、「仮設住宅の生活が続く中、復興予算も打ち切られ、原発再稼働が行われている。県民の気持ちを逆なでするようなことが行われている」と憤りを隠しません。
森つねと予定定候補は、憲法9条を壊す戦争法案について触れ、「私も小さな命を授かりました。どの子であっても戦場に送ってはならない」 「日本共産党を大きく躍進させて、若い力で今の国民の声を聴こうとしない政治を変えていきましょう。」と力強く訴えました。

被災地の声届ける いわぶち友 予定候補

8月17日、北部住民センターでもいわぶち友、森つねと各候補を迎え「戦争法案絶対に廃案に!参議院選挙で勝つ!」と銘打ったつどいが行なわれ60名の市民が参加しました。
小松市議が「来年夏の参院選挙で比例8議席以上の確保、道選挙区での勝利に向けがんばりましょう」と挨拶。森候補は「国民の運動で安倍政権を追いつめている。戦争法案を必ず廃案にしましょう」と訴え、いわぶち候補は「安倍政権の原発再稼働は国民の声に背を向けるもの」と批判しました。
参加者からは「道選挙区の定数が増えて議席奪還のチャンス」「日本共産党の支持率も伸びている、がんばりたい」との意見が出されていました。

banner_iwabuchibanner_mori

核兵器のない世界へ 原水禁世界大会・長崎

8月7日~9日に開かれた「原水爆禁止二〇一五年世界大会・長崎」に道北原水協から11人が参加しました。
道北代表団の中で、黒瀬夫佐子さんと一緒に参加した孫の谷口こよみさん(小4)の感想を紹介します。

被爆者の話に衝撃 黒瀬夫佐子さん

「初めて被爆者の方の話を直接聞きました。
ある方は、自分にも子どもにも障がいがなかったが、2人のお孫さんは障がいを持って生まれてきた。孫に申し訳なかったと辛い話をされました。もう1人の方は、郵便配達中に被爆され3年7か月入院、その半分以上をうつぶせのまま過ごしたことを話をして下さいました。政府は戦前に逆戻りしようとしている。平和を願う人々の思いを根底から覆そうとしている。許せないし、私はあきらめません』という言葉が印象に残っています。
孫と一緒の分科会ですいとんとおかゆを当時を偲びました。
いまだに世界にはたくさんの核兵器があり、その内の90%をロシアとアメリカが所有していると聞き驚きました。私も微力ですが核兵器をなくす運動に加わりたいと思います。

平和な世界を 谷口こよみさん

「70年前に原爆が広島と長崎に落とされました。そしてその被害で20万人の人が殺されました。今でも苦しんでいる人がいるそうです。それなのに世界には、まだ一万六千三百発もの核兵器があるのが不思議です。苦しみがわからないのでしょうか。今の戦争法もひどいと思います。みんなが戦争しようとしているのを止めているのに安倍さんは戦争しようと、安倍さんの頭はどうなっているのでしょうか。戦争の恐ろしさを知らないのだと思います。戦争と原水爆は許しません。平和な世界があってほしいと思います。貴重な経験、ありがとうございます。」

来年2月26日に判決 永山取水施設住民訴訟

昨年、1月10日に市民有志が提訴した永山取水施設問題に関する住民訴訟は、8月21日の口頭弁論で結審しました。判決は来年2月26日と決まりました。
結審が決まった後の報告会で畑地、浦澤両弁護士から争点について説明がありました。
弁護団は、「市民の皆さんが疑問に思っていた日本製紙(株)の固定資産税負担や取水施設の使用許可、使用料などの問題については主張しつくした」「違法性について何らかの判決が下される可能性もある」と説明がありました。