日本共産党市議団 市民と力合わせ、市政を動かす! 市民からも「助かりました」「高い国保料」4年連続引き下げへ!

今年度の国保料の納付通知書が送付されます。全道の主要都市で最も高かった旭川市の国保料は、今年度も引き下げられました。連続4年間の引く下げに市民からも「助かります」の声が市議団に寄せられています。
旭川市の市民所得が全道平均よりも低いことが、高い保険料の要因となっています。「所得が少ない、国保料が高い」状況は、国保加入者にとってはたまりません。日本共産党は、議会で国保料引き下げを一貫して求め、市民のみなさんとも力を合わせて粘り強く取りくんできました。

4年連続下げる

旭川市の国保料が、4年連続引き下げとなりました。所得や世帯構成員に変化がなければ最高限度額に達する世帯以外は、各年度とも引き下げられました。
引き下がる額は収入によって違いはありますが、モデルケース(年間所得200万円、3人世帯)では、4年間の引き下げで、合計7万6千円以上が軽減されました。
市議団の市民アンケートや電話で、「国保料が下がりました。議会で一貫して引き下げを求めてきた日本共産党に感謝です」、「収入が少ない我が家にとっては、まだまだ高いですが助かりました」、「議会が市民の声を取り上げてくれていることを知りました」等々の喜びの声が寄せられています。

02国保料の内容は

国保の納付通知書の額は、医療分、介護保険分、後期高齢者医療保険支援分の3つ合計額で表示されています。
この3つとも、所得割、均等割り(人数)、平等割(世帯あたり)で計算されますが、いずれも引き下がりました。

今後の見通しは

来年度以降、どうなるのかと多くの方から質問を受けます。
予算は毎年編成されるので、何も決まっていません。しかし、西川市長が「国保料の負担軽減に目に見える努力をしたい」と答弁しています。
この間、確かに国保料は連続して引き下がりましたが、一般会計からの持ち出しが特段増えたわけではありません。
日本共産党は、この間の質疑で、さらに国保料の引き下げを求める論拠を明確にしてきました。今後も、市民と力を合わせ、負担軽減に向け全力で取りくみます。

■高い国保料、国政の影響が大きい!

国保料は、協会健保や共済などの他の保険と比較して高くなっています。国保加入者は総じて所得が低く、事業主負担がないことから国が一定の割合で財政負担をしてきました。この国の負担が繰り返し下げられてきたことが高くなる主要な原因となっています。

集団的自衛権行使は許されない

6月18日、第2回定例市議会が開会されます。日本共産党市議団は、集団的自衛権行使に反対する国への意見書を提出し各会派に可決の協力を求める予定です。憲法9条を守り、平和社会を子どもや孫などの次世代に引き継ぐことは大人の重大な責任であり、政治的立場を超えて力を注ぐべき課題です。
その実現のために全力を尽くします。
また、安倍政権は、いま、医療・年金・介護の大改悪に向けて作業を進めています。
6月議会で、市民要求をもとに質疑を行うとともに、議会内外で、暮らし破壊の国の悪政に歯止めをかける運動に力を入れます。
雇用・暮らしを壊しているのは間違いなく今の政治ですか、それを正すのも政治の役割です。

2014 日本共産党旭川市議団 市民アンケートの結果 62%の方が「くらしが大変!」

日本共産党旭川市議団が2014年2月~3月にかけておこなった「市民アンケート」に六百六十件の回答をお寄せいただきました。ご協力いただいたみなさんに心から感謝申し上げます。以下にアンケート結果の概要を掲載させていただきます。

今のくらしはどうか

①特別心配ない4%②何とかなる23%③どちらとも言えない11%④やりくりが大変45%⑤このままでは暮らせない17%の回答でした。

暮らしが大変な主な理由は何ですか

暮らしが大変な理由は、年金が少ないという人が69%、税金や保険料が高い56%、医療費が高い48%、収入の悪化26%。(複数回答)

◆記述の一部を紹介

◇年金が減になり、消費税が8%にあがり、電気代・灯油が上がり、心も体も冷えて寒い◇後期高齢者保険が高額で大変◇年齢とともに医療費が高くなり、税金、国保の負担が重くなり年金だけでの生活は厳しく、蓄えがなければ生きていけない◇自営業なので仕事が少ない→収入の悪化→その割に税金などの負担が多く、年齢とともに病院にかかる回数が多くなり、負の連鎖になる◇アルバイトで年収が百万いかないので、大変きつい。2箇所掛け持ちで8~10時間、土日がなしというのは精神的にももたない。

アンケート結果から見えること

暮らしが大変だと感じている人が6割以上もいて、少ない収入(年金)の中で、税金や保険料などの固定的な負担(支出)が、家計を圧迫しているという実態です。命をつなぐ最低限の保障である医療や介護もお金のあるなしに左右されていて、労働環境、特に非正規雇用の厳しい実態が将来の展望を持てなくしているのではないでしょうか。

旭川市政で力を入れてほしいこと

(自由記載)◇除雪と排雪を徹底的に行って誰でも安心して歩けるようにしてほしい(圧倒的多数)◇4年連続の国保の引き下げに感謝しているが、まだまだ高い、さらに引き下げて◇少子化対策をもっと強力に進め若い人達が転入したくなる街に◇北彩都への巨額予算投入は引き伸ばしてでもバランスの取れた街づくり◇福祉行政をもっと手厚く。福祉灯油の復活を◇介護保険料が高い、もう少し安くしてほしい◇北電だけに頼らず、自然エネルギーでの電力開発を考えてほしい◇若者の働く場所を増やしてほしい◇介護施設の充実◇観光客を旭川に滞在する魅力ある街づくり、動物園のほかにも何か考えてほしい◇市独自の奨学金や学資貸付制度の拡充。

西川市政の評価

「どちらとも言えない」が53%で一番多く、続いて「不満」「大変不満」を合わせて38%、「大変良い」「良い」を合わせても9%にとどまりました。
◆記述から一部を紹介
*市長本来の仕事は、市を活性化する為の経営戦略をひねり出し、その遂行する公務員を陣頭指揮すること。経営戦略は市の幹部任せという無責任経営になっている様に思う。*長期的まちづくりの展望が一般市民には見えない。*西川市長は、少しは最低の生活をしている人のことも考えてほしい。*西川市長になってから排雪も全然やらない、大変不満だ。*札幌の上田市長のように原発反対や、フリーターやアルバイトの最低賃金を企業に守らせるような、市民本位の政策を。

議会や議員に望むこと

「税金のムダ使いをチェック」が7割近く、「市民の代弁者として、しっかり発言する」が6割近く指摘され、議会本来の役割の発揮に期待が高いことが示されています。
①市民に開かれた議会に改革する11%②市民の代弁者としてしっかり発言56%③議会の報告をする9%④税金のムダ使いをチェック67%⑤その他3%でした。