花見でカッポレ

5月12日、勤医協新旭川友の会のお花見会が行われ、太田元美議員が来賓として挨拶しました。

友 の会員の万年孝子さんが、カッポレを踊り、花を添え、まだ見ぬ桜に思いを馳せて盛り上がりました。

※写真※

カッポレで花を添える

第84回メーデー旭川集会-安倍政権の暴走止めよう

賃上げ 雇用の安定実現

賃上げや安定した雇用の実現、消費税増税や環太平洋連携協定(TPP)参加阻止、憲法改悪反対などをかかげて1日、第84回メーデーが全国322カ所で開催されました。

旭川集会は市内常磐公園で開催され、三六団体四〇〇人が参加し、集会の後、元気にシュプレヒコールを上げながら市内中心部をデモ行進しました。

※写真※

デモ行進する各団体や党議員団ら

実行委員会を代表してあいさつした旭川労働組合総連合の杉原和人議長は、賃上げの実現こそデフレ経済打開の道だと強調。生活できる賃金を確保し、安定した雇用を確立するために、「正規雇用が当たり前の社会」が必要。安倍内閣の「雇用改革」は解雇自由化をすすめ、不安定で低賃金の非正規雇用への置き換えが可能になる仕組みをねらっている。TPP参加反対、原発ゼロ実現、憲法96条改定反対など世論と運動を広げようと呼びかけました。

日本共産党からは、石田尚利地区委員長、真下紀子道議、小松あきら、のとや繁、太田元美、石川厚子の各市議が来賓として壇上で挨拶しました。

核兵器のない社会を!

「いいね♪」で平和行進

5月11日、原水爆禁止国民平和大行進が、旭川市で行われ花咲スポーツ公園から市役所前まで70人が行進しました。

のとや繁、石川厚子両市議が行進に参加し、石田尚利地区委員長が激励の挨拶をしました。

今年はシュプレヒコールではなく、「ピースコール」と「いいねコール」で市民にアピールしていました。

ピースコールはポップ調で「ゲン・バク・いらない♪」などとコールし、いいねコールは「核兵器のない社会を!」などと言えば、参加者は「いいね」と親指を立ててコールし、元気に楽しく行進していました。

※写真※

いいねコールをしながら行進

憲法守り生かす政治へ

道議・市議が街頭から訴え

※写真※

左からのとや、太田、真下、小松、石川の各氏

5月3日の憲法記念日、冷たい雨が降りしきる中、真下紀子道議、小松あきら、のとや繁、太田元美、石川厚子の各市議が揃って、憲法を守りくらしに生かそうと、平和通買物公園で訴えました。

真下道議らは、「改憲勢力が憲法9条を変え、国防軍の創設など、日本を戦争する国につくりかえようとしている。

しかし、多くの国民は、憲法9条改定に反対している。昨年の総選挙では、ゆがんだ選挙制度のもとで、改憲勢力が多数を得たが、国民世論とのあいだには大きなズレがある。

日本共産党は、憲法9条をはじめ日本国憲法を守り、くらしに生かすために全力をあげる」と訴えました。