学校前に交通安全の看板設置 – 市民のアンケートから要望実現

学校前に看板設置

日本共産党市議団は毎年市民アンケートを実施し、市民の声に応えています。

まじま隆英議員の下に「新富小学校のグラウンド横の道路とバス道路の合流点が、一旦停止の看板があるにもかかわらず守られていない危険な状況となっている。自転車や歩行者との事故も目撃されている」との声が寄せられました。

早速、まじま議員は情報提供者と市の担当者と三者で現場の危険性を確認しました。このほど、合流点手前に運転手へ注意を促す看板の設置が実現しました。

地域の方とともに確認するまじま議員

Published by