小学校、新学期のスタートから担任が配置されない!?

小学校の入学式、進級式が行われた翌朝、小学生の子どもがいる保護者から共産党に電話がありました。全市的な教員不足のため、担任が決まるまでの間を臨時担任で対応するという通知を受け取ったというのです。

日本共産党市議会議員団が教育委員会に要請

事態を重視した党議員団は、新学期のスタートから担任が配置されないとは前代未聞の事態だとして、ただちに教育委員会から事情を聞き、緊急の改善要請をしました。

日本共産党旭川市議会議員団は、教育委員会として全市的な実態を把握することや、何が問題なのか、今後の正常配置の見通しなどを明らかにするよう求めました。

対応した赤岡教育長は「憂慮している。臨時担任については現在1校把握しているが、ただちに改善したい」と述べました。
また、これらの背景には道教委の採用数の不足があることが明らかになりました。党議員団はただちに改善をはかり、学級担任の正常配置を行うとともに、教育環境を整えるよう求めました。

赤岡教育長(右)に要請書を手渡す党議員団

Published by